Sign In

Sensual face Type 4 / 官能的(悩ましげ)な表情 Type 4

569
4.6k
26.5k
76
Updated: Mar 28, 2024
conceptanimesexyeyescomicsface
Verified:
SafeTensor
Type
LoRA
Stats
907
925
Reviews
Published
Mar 28, 2024
Base Model
SD 1.5
Hash
AutoV2
D59CFF2369

(日本語説明は後半にあります)

Reproduces sensual (seductive, voluptuous) face with half-closed (and a bit wet) eyes and inverted-v-shaped eyebrows. Also suitable for smirking face, sneering face, temptation or NSFW scenes.

This is Type 4 (Strongly slanted down eyelids and eyelashes).

Type 1, Type 2 and Type 3 are also available.

Usage

Suitable for anime-style models. With most photorealistic models, it won't work well.

My checkpoints, as AngelBreed, ArchAngelBreed, SylphBreed and HotaruBreed series, will reproduce good results.

Just enable LoRA to activate. No extra prompts are needed.

To make more sensual, try to use with NSFW prompts, e.g., gasping, ecstasy, and seductive smile. It will make better results.

Eye openness can be adjusted LoRA strength for some extent (e.g. 0.3 ~ 2.0).

It is possible to customize eye shapes by using Type1 and Type2 simultaneously, or using with Eye collection series(on HuggingFace) simultaneously. If use multipe eye LoRA simultaneously, set each weight halved(e.g. 0.5 ~ 0.75).

It will be nice combination with Wavy mouths, Smirking mouth and Strongly embarrassed face.

More various other LoRA's and checkpoints are released on my CivitAI models list or HuggingFace repository. Please check it out.

CAUTION : Some sample images' prompt is using NegPiP extension for minus weight.


少しうるうるした半眼、ハの字型に下がり気味の眉毛、若干頬に赤みが差すなど、悩ましげ(官能的)な表情を再現できます。嘲笑や見下したような表情、誘惑、NSFWなシーンにも使えます。

Type 4はType 2よりも眉毛の角度が強く出る、タレ目型の睫毛/瞼タイプです。

Type 1Type 2Type 3も公開しています。

使い方

アニメ系のデータモデル向きです。写真系のデータモデルではほとんどの場合うまく動作しません。

AngelBreed、ArchAngelBreed、SylphBreed、HotaruBreedなど、当方で公開しているデータモデルと組み合わせると高い効果を発揮します。

LoRAを有効にするだけで発動します。

より官能的にする場合は、gaspingecstasyseductive smileや、その他のNSFW系のプロンプトと合わせると効果が高まるかもしれません。

眼の閉じ具合は、LoRA適用強度である程度(0.3~2.0くらい)調整することができます。

複数タイプを同時に適用したり、アイコレクション(HuggingFaceで公開中) と同時に適用することで眼の形をさらにカスタマイズすることもできます。この場合、それぞれのLoRAの強度は応分(2つなら0.5ずつにするなど)してください。

極細の眼ぐにゃぐにゃ口シリーズにやにやした口赤面(茹でダコ顔)などと組み合わせるのもよいでしょう。

他にもさまざまなLoRAやデータモデルを公開していますので、CivitAIの配布モデルリストまたはHuggingFaceリポジトリをご覧ください。

掲載しているサンプル画像のプロンプトの一部では、NegPiP拡張機能を使ったマイナス強度指定を使用しています。