Sign In

Strongly embarrassed face / 赤面(茹でダコ顔)

813
9.4k
62k
117
Verified:
SafeTensor
Type
LoRA
Stats
4,603
37,029
Reviews
Published
Aug 29, 2023
Base Model
SD 1.5
Hash
AutoV2
A3456355B2

(日本語説明は後半にあります)

Reproduces a face strongly turned red with embarrassment.
Three types are available:

About file name: Yudedako(茹でダコ) is a Japanese word meaning "boiled octopus", and is a slung that refers to a blushing or embarrassed facial expression. Just like how a boiled octopus turns red when cooked, this idiom vividly captures the feeling of being bashful or ashamed.

Usage

It works by simply enabling LoRA. Effect strength(redness) can be controlled by LoRA weight.

If default weight (1.0) was too strong, change weight to approximately 0.5 to 0.8.

"v2.0 with red line" sometimes reproduces unexpected red areas or red lines on background and clothes. Then, repaint only faces by img2img with this LoRA.

Minus weight is not supported.

Prompts embarrassed or shame will make better results.


More various other LoRA's and checkpoints are released on my CivitAI models list or HuggingFace repository. Please check it out.

CAUTION : Some sample images' prompt is using NegPiP extension for minus weight.


俗に「茹でダコのような」などと呼ばれる、恥ずかしさで真っ赤になった顔を少しオーバー気味に表現できます。

3種類を用意しました。

各タイプをダウンロードするには、ページ上部のバージョンタブを切り替えてください。

使い方

LoRAを有効にするだけで動作しますが、embarrassedshameのプロンプトを組み合わせると効果が強まる場合があります。
open mouth, wavy mouthと組み合わせると、より雰囲気の出た恥ずかし顔になるでしょう。

通常タイプ(v2.0)は人物以外(背景や服装)にも赤色や赤線が出てしまう場合があります。その場合は全体出力にはLoRAを適用せず、後からimg2imgでLoRAを指定して顔だけを出し直すようにしてみてください。

適用強度によって赤みの追加具合をコントロールできます。通常タイプのv2.0は1.0まで/v1.0は1.5くらいまで、赤線無しタイプは2.0くらいまでが実用範囲です。

他にもさまざまなLoRAやデータモデルを公開していますので、CivitAIの配布モデルリストまたはHuggingFaceリポジトリをご覧ください。

掲載しているサンプル画像のプロンプトの一部では、NegPiP拡張機能を使ったマイナス強度指定を使用しています。